講師紹介

ごあいさつ



バレエの素晴らしさは、その先に豊かな人間性を育ててくれるところにあると思います。

 日々のレッスンでは挨拶、礼儀、音楽性、表現力、集中力や考える力、観察力などを養い、そして発表会を通して小さい子を思いやり、大きい子を敬い、自分の目標と皆で協力して1つのことを成し遂げる、強い心と協調性を養うことができる。
 そんな素晴らしいバレエの魅力を少しでも伝えられたらと、日々思いながら子ども達と接しています。

                                                     主催  鳥海 晶子

プロフィール


8才より千葉バレエアカデミーにてバレエを始める。
林真理氏、林世紀子氏、田中真由美バレエ研究所にて田中真由美氏に師事。
平成2年チャイコフスキー記念東京バレエ団入団。
古典バレエを始めモーリス・ベジャール、ジョージ・バランシン等の様々な作品に出演。 
平成9年退団後、渡欧。平成11年渡米。帰国後は主に小川亜矢子氏に師事。チェケッティメソッドのレッスンを積極的に学ぶ。  日本バレエ協会公演、ソリストとして小川亜矢子氏、今間千佳子氏、また坂本登喜彦氏等の作品で数々の公演に参加。発表会のゲスト出演などもこなす。
後進の指導は平成2年から。 バレエ団退団後は中目黒、恵比寿、武蔵村山市でクラスを開講する傍ら、個人のバレエ教室のプロ養成クラス等も請け負う。
現在はバレエ専用に作った上北台のスタジオと、また、都心では稽古場を四ツ谷に集約しクラスを行っている。
パリ・オペラ座バレエ学校教師  ベルトラン・バレーラ氏によるペタゴジー(教授法)Ⅰ、Ⅱ 2009年  修了。

他.........
2005年より武蔵村山市中藤保育園の特別講師として幼児の遊戯指導を行っている。
ゴールドジム銀座中央店のバレエクラス講師。
2007年マットピラティスベーシック指導資格取得。

新国立劇場のオープンより契約ダンサーとして長い間主要な役を含め活躍していた鳥海清子は妹。また末の妹、鳥海仁子はソプラノの声楽家として現在活躍中。